地震に強い家


今朝は一段と冷え込みましたね。
大人は肩が凝るほど体を縮めて「寒い、寒い」と言っているのに
子ども達は大喜びで雪を触ったりしています。
写真は登園バスに乗るためにバス停まで歩いていく我が家の娘たち。
わずかな距離ですが、子ども達にとっては好奇心いっぱいで
なかなかバス停まで辿りつけません(;´Д`A “`

13年前の今日は阪神大震災が起きた日です。
当時、私は2日前に成人式を迎えたばかりだったのですが、
その成人式で出会った幼なじみが神戸の長田区に住んでいました。
当時は携帯電話もなく、友達の実家に安否の確認をしたところ
1コールで電話に出られたお母様が「まだ娘から連絡がなくて…」と
ものすごく心配しておられました。
後に彼女が無事だったことが分かり、ホッとしましたが
たくさんの方が犠牲になられました。
心から皆さんのご冥福をお祈りいたします。

少し専門的な話になりますが…。
一般的な住宅は土台と基礎が接合される構造になっています。
でも春日工務店が建てている「ファースの家」は基礎と土台の間に
スペーサー(コープレート)を設置し、その隙間にエアライト(樹脂系断熱材)を
充填する構造になっています。
同じエアライトが壁の柱・間柱の間にも吹き付けられています。

このエアライトはスポンジに似て振動を吸収する効果があるので
「ファースの家」は建物全体で地震の揺れを吸着する建物に
なっているんですよ!

このようにファースの家は快適なだけでなく
地震にもしっかりした構造になっているわけですヾ(=^▽^=)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA