女性目線の家づくり

初めまして!
間取りの担当をさせていただく足立です。
私より20cmも大きくなった息子、細い目が私に激似してしまった長女、よく男子と間違えられる個性的な次女がいる3児の母です。

9年ほど他の工務店で働いていましたが、息子の出産を機に退社。
その後、6年ほど専業主婦を経験して、次女が1歳4ヶ月の時に春日工務店に入社しました。
育児・家事・仕事をこなす大変さを痛感し、その経験を生かして少しでもママが楽になるような家づくり女性目線で提案させていただいています!

 

実はズボラなんです

以前は2階の寝室に3帖のウォークインクローゼットがある家に住んでいました。
ズボラな場合、何が起きるかというと上の写真のようになります。

「2階に上がる時に持って行こう」と思って、洗濯済みの衣類が階段に積まれていく…。
上がる時はその衣類を横目で見ながら「また今度」と思ってしまいます(笑)

当時、洗濯物は外に干していて、天気が怪しくなった時は仕事で外回りをしている主人に「洗濯物入れて!」と連絡していました。
朝から天気が悪い日はリビングに干していて、洗濯物をよけながら生活していました。

料理は外食やスーパーのお惣菜で済ませても、洗濯からは逃れられないんですよねぇ…
ラクになりた~い!

 

我が家もファースです

春日工務店に入社後3年で自宅を建てました。
その時の様子は【我が家の家づくりレポート】に記しています。

一番こだわったのは、いかに家事を楽にするか!
手を抜くのではなく、要領良くこなしたかったんです。
そこでファースの特徴を最大限に生かした8帖の【家事ラク室】を作りました。
おかげで365日、洗濯・衣類管理に関するストレスはほとんどありません。

整理整頓も苦手なので、我が家の家事ラク室をフルカラーで掲載する事はできません(笑)
見せられないので、来客時は家事ラク室の戸を閉めています。

我が家の家事ラク室を詳しく見たい方は【我が家の家事ラク室】をどうぞ。

他にも、子どものロッカー家族の掲示板など、経験を元にしたアイディアを盛り込みました。

 

小さな子が好きです

学生の頃はチラッと「保育士になろうかな」と思った時期があったくらい小さな子が好きです。
そのためお子様連れで打ち合わせに来ていただいても全く問題ありません。
打ち合わせ室には少しですがお子様用のおもちゃと簡易的なキッズコーナーもあります。
どうしてもお子様が飽きそうになったら、同じく子ども好きな女性スタッフに子守りをお願いする事も。

はかどるかはかどらないかは別にして、授乳OK!・お弁当持参OK!のゆる~い打ち合わせになります♪

 

 ひらめきの神様

間取りは規格プランがあるわけではなく【家族の要望書】を頭に入れて1軒1軒ゼロから考えています。
そのため行き詰まってしまうと時間がかかる場合も…。
逆にパッとひらめく事もあり、これを「ひらめきの神様が降りてきた」と言ってます(笑)

ご提案までに大変お待たせする場合がある事をご了承くださいね!

 

こんな私に「ちょっと頼んでみようかな?」と思われたら連絡お待ちしています!