暮らしやすそうな家

家事動線のいい間取り 家事動線のいいおうち 春日工務店 tanneの家 女性建築士 女性設計士 丹波市 丹波篠山市 工務店

本日、お話しさせていただいたお客様。
ラフプランのご提案だったのですが、図面を見て「暮らしやすそうですね」と。
ありがとうございます。

この感覚って大事だと思うんです。
性能や数値ももちろん大事。
どんなに間取りが良くても夏暑くて冬寒くて、ヒートショックでも起きたら大変。

どちらが欠けてもダメ。

でも、間取りから読み取れる「暮らしやすそう」というのは本当に大事ではないかな…と。
そこに性能・数値・予算が加わって、より住みやすい家になっていく。
そんな家を提案していきたいと思っています!

写真は2年前に建築されたおうち。
先日お伺いした時に「住んでから『こうしておけば良かった』と思う事はあります」と言われたので、それが何かドキドキして聞いていました。

そしたら「写真を飾る棚板をもっと増やしておけば良かった」と。
それくらいで済んで良かった…と、心底ホッとしました。

壁面があれば、市販の棚板を追加する事もできます。
下地がなくても無印の『壁につけられる家具』シリーズ等なら設置可能です。

間取りが悪くて暮らしにくかったらどうしようもありません。
もちろん、断熱もね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA