ロールスクリーンで目隠し!

ロールスクリーンで目隠し リビング 春日工務店 

普段はオープンでいいけど、来客時だけ隠したい!

そんな時はロールスクリーンがオススメです。
特に納戸のような小さなスペースだと、片開きドアや折れ戸は開け放した時にジャマになる。
片引き戸は壁が足りなくて無理…とかの場合にオススメします。

白っぽいロールスクリーンにして、壁と同化させるのも良し。
好きな色や柄のロールスクリーンにして、アクセントにするのも良し。

このおうちはダイニングにある納戸の出入口を三角屋根のイメージにされました。
中はお気に入りの壁紙。
扉なしでサッと出入りできて、必要な時だけロールスクリーンを閉めたらOK♪

このロールスクリーンは納戸側に取り付けています。
この場合はメリットは
★壁とロールスクリーンの間に隙間がないので中が見えにくい。
デメリットは
★開閉するチェーンが納戸の中になってしまうのでダイニング側から開閉しにくい。

という事になります。
何事も一長一短。
何を優先するのか、よ~く考えて決めていって欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA