ありがとう 心をこめて

3月は卒園・卒業シーズンですね。
我が家の長女も卒園式でうたう歌を家で口ずさむようになりました。

2年前に息子もうたった歌。
『ありがとう 心をこめて』という曲です。

お風呂

いつのまにか ぼくたちは ひとりであるいていたよ
6年前に この世に生まれた 小さなこの命
晴れた日にも 雪の日にも 元気な時も
病気の時も かわらない やさしいまなざしが
僕たちを包んでくれた

気がつけば 春の風が あんなに歌っているよ
ありがとう こころをこめて ありがとう
そして さようなら

どこまでも はるかな道を 歩いていける
勇気と悲しみを分かち合える あたたかいこの心
ケンカをして仲直りして 泣いて笑って
励ましあって みんなと一緒に私たちは
大きく大きくなれたよ

もうこの歌詞だけで親心をやられますね(笑)
写真は生後2週間の長女です。
実家の洗面台で沐浴中♪

卒園式の頃は引っ越しで何かとバタバタしていますが、
この日は主人と2人で仕事を休んで出席するつもりです。

ありがとう 心をこめて” に対して1件のコメントがあります。

  1. 伏見 剛 より:

    女の子の孫が機能卒園式で「ありがとう心をこめて}を歌いました。
    卒園したのは4人ですが3人は男の子で隣の小学校へ入ります。その小学校もあと2年で閉校となります。今日はこの歌を孫から口移しで教わってじじ、ばばで歌っています。 卒園式のビデオを見てこの歌を大きな声で一生懸命歌っている孫の前で、涙ぐんでいる母が印象的でした。

  2. 春日工務店 より:

    初コメント、ありがとうございます!
    そして、お孫さんのご卒園おめでとうございます!
    この唄は本当にジーンときますね。
    それと同時に「こんなに大きくたくましくなって…」という思いがあふれて
    お母さん達は涙なしでは聞けません。
    これからもブログの応援よろしくお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA