自然学校の水筒

丹波市では小学5年生の子ども達が4泊5日で自然学校に行きます。
うちの長男も来週旅立ちます。
持ち物が色々とあるのですが、水筒は保冷保温機能がなくて
口が広いタイプが指定になっています。
沸かしたての熱いお茶をドバーッと入れてもらうので
保温機能があると冷めないので、喉が渇いた時にグビッと飲めないから。

そこで先月、ザバスのスクイズボトルを購入!
送料込で405円。
やすっ(^-^)

そしたら昨日の夜、長男が
「先生が『できればカバーがある方が持ちやすい』って言うちゃった」との事。

あぁ、確かに。
730円で専用ケースが売ってあるのですが
それは保冷ケースになっているようなので
「え~い、作ってしまえ!」と夜中にミシンを出してきて
家にある布&金具で作りました。

構想1時間、製作1時間。
型紙なし、しつけなし、アイロンなし。
ぶっつけ本番。

水筒カバー

自画自賛ですが、結構上手にできたじゃない♪
長さが調整できる肩ひも?は主人の水筒の付属品で使っていないのがあったので
それに合わせてカバーに金具を付けました。

赤い持ち手がアクセントになっています。
ここに手を引っかけて持つと、とっても飲みやすくなります(^-^)

アンパンマン

実は、この赤い持ち手。
家にあったモノなので、なんとアンパンマン(笑)
息子が保育園の時に何かを作った時の残りです。
ほとんど見えないからいいでしょ!

材料費ゼロ。
愛情プライスレス。

さぁ、これで準備万端!
4泊5日。。。
子どもより親の方が寂しい思いをするかも
知れませんが、お友達との絆を深めて
元気に楽しんできてほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA