日本に古くから伝わる建築工法で、柱の上に梁をのせて構造体をつくる事から軸組み工法とよばれています。
地震や強風など、横から加わる力に対しては、柱と柱の間に筋交い(斜め材)を入れることで抵抗します。

柱と梁の接合は、木材の先端にホゾ(突起)をつくり、もう一方の木材に設けた穴とかみ合わせる(仕口)ことが基本です。

さらに金物を併用して強度を高めます。
木造軸組工法は、他の構造に比べると構造上の規制が少なく、軸の位置や長さが比較的に自由に設定することができ、開口部を大きくとったり、広くて開放的なプランも実現できます。

在来工法で建築中また 他の工法に比べ増改築に対応しやすいことが
特徴です。
但し木造軸組み工法は、熟練した技術を必要とする工法で、大工さんによって仕上がりにバラツキがでやすいので、信頼できる業者選びが大切です。