車椅子でも使いやすく

車椅子 住宅 通りやすい 春日工務店 tanneリフォーム

車椅子を使う時に問題になるのが段差と通路の幅。
今回のリフォームでは、将来の車椅子生活を想定して、その2つを意識されています。

写真は洗面脱衣室(家事ラク室)。
洗面台は車椅子でも使いやすいように下部がオープンになっているタイプ。

出入り口は2枚連動の引き戸です。
軽い力で2枚同時に動くので開閉がラク。
通常の片引き戸の場合、有効開口幅が約780mm(規格サイズによります)ですが、ここは約900mm。
カギも大きいのでつかみやすく操作がしやすいです。

もちろん段差もほとんどないので、出入りもスムーズ。
今はまだご家族に車椅子を使用される方はないですが、近い将来の「もしも」が気になる場合は安心ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA