窓がないトイレ

窓がないトイレ メリット デメリット

今日はM様に間取りのご提案をさせていただきました。
M様のご要望の高いものから順番に間取りを作っていったので、最終的にトイレに窓が作れなくなりました。
新築一戸建てでトイレに窓がない・・・。
これって、どうなんだろうと思って我が家に置き換えてみました。

★ トイレに窓がある事のメリット
① 昼間明るい
② 換気できる
③ 窓枠に小物が置ける

★ トイレが窓がある事のデメリット
① 窓掃除が必要
② 断熱性能が落ちる
③ 防犯上ちょっと不安

こんな感じでしょうか?
メリットをもう少し掘り下げてみると

① 昼間明るい
照明でカバーできる。
センサーライトにすればスイッチを入り切りする手間がなく、消し忘れもなく、トイレに入った瞬間から明るい。
ただ、センサーの場合は長居すると途中で照明が切れて暗くなるけど(笑)

② 換気できる
私は窓を開けないので換気扇でも充分。
弊社の場合、標準でセンサー&タイマー付きの換気扇なので消し忘れもない。
主人は窓を開けたいタイプなのですが、閉め忘れてトイレだけ極寒になっている事も多々…。

③ 窓枠に小物が置ける
リビングには飾って欲しくない主人の趣味のフィギアが並んでいます(笑)
これはトイレにニッチや飾り棚を作る事で充分対応可能。

という事で、結局は何を優先するかですね。
トイレに窓があるバージョンと2プランの提案をさせていただきました。
それはそれで他の間取りにメリットとデメリットが…。
M様の心は決まっているような気がしますが、メリット・デメリットと他の優先順位を考えて悩んでみてくださいね!

写真は弊社の施工例です。
外壁に面する事ができなかったトイレに採光のための室内窓をつけています。
向かい合わせになった階段の窓から少しだけ光が入ってきます☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です