使いやすい収納の秘訣

いよいよ内装工事に入るA様邸。
収納内部の棚板も仕上がっております。

クローゼット 可動レール 可動棚

これはクローゼットの中。
服がダーッと掛けられるようになっています。
ハンガーパイプを取り付けた棚板は高さを自由に変えられるようになってます。

基本的に弊社の収納の内部は可動棚にする事が多いです。
衣装ケースや布団など、入れたい物がハッキリ決まっている場合はそれに合わせますが、そうでない場合の方が多いので。

その場合は暮らしかけてから高さ調整できる方が便利。
可動レールは約2cm毎に高さを変えられます。
背面で受けるタイプと両サイドで受けるタイプ。
当然、可動レールにもヒトと同じく長所と短所を持ち合わせております(笑)

この辺りの話は、私が語るよりも収納のプロであるM様に聞いた方がいいかも知れません。
2月17日(日)に『家事ラクですっきり暮らせる家』の住んでるおうち見学会をさせていただきます。
整理収納アドバイザー1級のM様に収納のコツを聞いてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA