お風呂のドアの選び方

お風呂 ドア 引き戸 メリット デメリット 浴室

お風呂のドア、ちょっと悩みますよね。
形状は大きく分けて『折れ戸・片開きドア・片引き戸』の3種類。
では超個人的な解釈でそれぞれの特徴を挙げていきまーす!

折れ戸
○ 3種類の中で一番安価
○ ドアよりは開閉スペースが少なくて済む
○ 脱衣場の壁面にニッチが作れる
△ ちょっと開閉しにくい
△ 構造が複雑なので壊れやすい

片開きドア
○ 戸の作りがシンプルで掃除がしやすい
○ 戸にタオル掛けが設置できる
○ 脱衣場の壁面にニッチが作れる
△ 洗い場で人が倒れると、その人に戸が当たって開けられない
△ 浴室内で手摺りを設置する壁面が少なくなる

片引き戸
○ 開閉がラク
○ 浴室に入った所の壁面に手摺りが付けられる
○ 戸の開閉にスペースがいらない
△ レールの掃除がしにくい
△ 3種類の中で一番高価
△ 脱衣場の壁面にニッチが作れない

こんな感じでしょうか?
メーカーによって価格も違うし、掃除のしやすさも工夫してあると思うので、あくまでも個人的な意見です!
私なら、ご家族に高齢の方がいらっしゃる場合は迷わず片引き戸をオススメします。
何を優先するかはご家庭によって違うので、メリットとデメリットを比較して決めてくださいね~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA