濡れ縁に変身

ウイーン

昨日は藤本と植木が登場したので、今日は臼井。

作業をしている臼井の様子を撮ってきました。

小さな機械をうならせて「ウイーン」と音を立てながら
杉の木の両側を加工していきます。

これ、『面取り』いって、とがってる角っこを取ること。

面取り前

 

左の写真が面取り前。 

 

 

面取り後そして右の写真が面取り後でゴザイマス。

角っこが取れているのが分かるでしょうか?

料理でも大根とか煮る時に煮崩れしにくいように
角っこを落としますよね。
あれと同じです。
杉の木は煮ませんが…。

こうやって中腰で何度も往復しているので
見ているだけで腰が痛くなりそうです。

この杉の木はN様邸の濡れ縁になるそうです。
これまた楽しみです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA