4歳児の心

きりん組

もし引っ越してなかったら次女はあと1年、T保育園に通う事になっていました。
でも引っ越したところではK幼稚園に通います。

今までのお友達が誰もいないK幼稚園。
次女は私と別れる時に涙ポロリの日も・・・。

今朝、K幼稚園の前まで行くと
「母ちゃん、K幼稚園は桜がキレイやねぇ。
T保育園の桜も咲いたかなぁ。
今日、幼稚園が終わったらT保育園の桜も咲いたかどうか見に行きたいんやけど」
と言いました。

なんだか私は胸が熱くなってしまいました。

T保育園の桜を見に行く事を約束すると、今日は泣かずにバイバイできました。

そして夕方。
約束通りにT保育園へ。
桜は満開を通り越して、少し散りかけていましたが
懐かしい先生とお迎えを待つお友達数人に再会。

園庭で遊ぶのかと思ったら「きりん組さんのお部屋見に行く!」と園舎へ。
引っ越していなかったら、今ごろ次女はきりん組さんになっていました。
誰もいないきりん組の部屋に入り、何も言わずに一通り見て回りました。
上の写真はそのひとコマです。

その後、また園庭に出て全部の遊具で少しずつ遊んでから
「母ちゃん、もう帰ろかぁ」とポツリ。

なんだか・・・。
T保育園にお別れを言いに来た感じで、次女なりに心の整理をしたような気がしました。
まだ生まれて4歳3ヶ月。
ガラリと生活が変わり、お友達が変わり、
とてつもなく大きなストレスを抱えていると思います。

帰宅途中の車内で疲れて眠ってしまった次女の寝顔は
少しだけお姉ちゃんになったような気がしました。

4歳児の心” に対して1件のコメントがあります。

  1. 新・ハゲ息子の父 より:

    いや~、いい年したオッサンが、これ読んで
    泣いちゃいました。
    感性豊かなお子さんをお持ちでうらやましい。
    『〇〇ちゃんの旅立ち』なんてタイトルで
    ドラマが作れそう!

  2. 春日工務店 より:

    私もこのブログ書きながら、泣けて泣けて・・・。
    そうとは知らずに電話してきた母が私の涙声に驚いていました。
    次女は少しずつお友達や先生の名前を覚えてきました。
    幼いなりに頑張っています♪
    涙なしでは語れないいい話なのに『ハゲ息子の父』っていう名前、
    どうかと思いますよ~(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA