二世帯住宅の上棟準備

藤本

U様邸。
9月1日の棟上げに向けて木材の加工が進んでいます。
これは垂木(たるき)が乗るところの溝を削っているところ。
屋根を受ける大きな梁です。

柱には1本1本に記号がつけられています。
棟上げの時は図面に書かれた記号と照らし合わせながら建てられていきます。
真壁になる和室の柱は室内から見えるので、汚れないようにラッピング☆ 

化粧柱

U様邸は二世帯住宅のため、約70坪の大きな家。
この家で私が好きなところは、玄関に入ると目の前に玄関ホール、
右手に縁側がドーンと見えるところ♪
しかも縁側の上がり框(かまち)がアールになってます!
アール好きの私がそうしたかったんです(笑)

二世帯と言っても、玄関・キッチンは共有でお風呂は2ヵ所。
お姑さんとお嫁さんが実の親子のように仲がいいので
間取りもつかず離れずのイイ関係になっています。

晩秋には新しい家族も加わって、7人暮らしになるU様邸。
きっと子育てにも優しい家になると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA