2年連続 ダブル受賞!!

表彰式

2月10日に東京で行われたファース全国大会。
午前中、みっちり勉強会をした後は午後から式典がありました。

【過度期に入ったオール電化市場】のパネルディシュカッションの後で表彰式。

設計コンペでは22作品の中から、見事に当社が最優秀賞をいただきました!

着工コンペでも第3位

昨年の全国大会でも設計コンペが最優秀賞、
着工コンペは第2位をいただきましたので、2年連続でのダブル受賞となりました。

写真は壇上での福地社長と当社の社長。
ちょっと緊張気味?

設計コンペの審査基準は4点。
① ファースを理解し、温熱環境を保つのに適している
② ファース機器の配置やメンテナンスに配慮がある
③ 動線使い勝手が良い
④ ファースの家を建築する上で参考になる

この審査で、私たちの作品にいただいたファース本部からのコメント。

====================================

玄関左の自転車置き場、右の物置が外観を壊すことなく、
逆に印象良く配置されています。

家事ラク室と命名された空間からは、圧倒的な使いやすさがイメージでき、
キッチンの背後から断熱外の食品庫、勝手口、駐車場に繋がる動線も理想的です。

1階に部屋が集中することで広さが制限されるLDKですが、
勾配屋根としたことで上に伸びる空間と、ウッドデッキを配置している事で
実際より広々とした感覚を味わうことができそうです。

木登り柱から障子を介してつながったロフトや、2階廊下から機械室のメンテナンスが
行える工夫などは、ファースをしっかりと熟知し、考慮した間取りと言えます。

子育て世代から老後までの長期間をイメージして作られた間取りからは
地場工務店が提案する住宅としての完成度の高さを感じます。

=====================================

ダブルで受賞できたのも、お施主様をはじめ、協力業者さん、
その他大勢の皆さんのおかげだと思っています。

本当にありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA