チャイルドシートは誰のため?

 
今朝、出勤途中で信号待ちしていると前にボクシィという8人乗りの車が停まっていました。
女の人が運転していたのですが、後部座席には2~6歳くらいの子供が3人立ったまま
お菓子を食べていました。
たまに運転席と助手席の間を覗き込んだり、立ったり座ったり3人とも
ウロウロ…。「危ないな~」と思いながら後をついて走っていたら、
なんとそのまま高速道路へ!
私も高速道路で通勤しているので、ずっと後を追いかけるように走っていたのですが、
うちの子と同世代の子ども達なので他人事には思えなくてハラハラドキドキ!

車のスライドドアが開いて子供が投げ出され、そのまま車にはねられて亡くなった事故もあります。
そうじゃなくても何かの拍子で急ブレーキを踏んだとき、間違いなく子ども達は前方に
吹っ飛ぶでしょう。

交通事故件数に占める致死率ではチャイルドシートを着用した場合、
着用していない場合に比べて、約4.5倍も助かる可能性が高いという結果も出ています。

私は春日インターで降りましたが、ボクシィはそのまま90km/hくらいで走っていきました。
あぁ、恐ろしいΣ( ̄ロ ̄lll)

運転手がいくら安全運転をしていても事故に巻き込まれるのは防げません。
かわいい子供のかけがえのない命のためにチャイルドシートに座らせるのは親の役目だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA