ヒートショック! 死亡者は年1万4000人

大陸から寒気が押し寄せ、にわかに肌寒くなった。
近年、急激な温度変化にさらされることで血圧が急上昇、急降下する「ヒートショック」が
懸念されている。高齢者は脳血管障害につながりやすく、脱衣所や浴室、
トイレなどで倒れる人が少なくない。
年間1万4000人とも推計されるヒートショックによる死者。
寒さが厳しくなるこれからの季節、日々の暮らしに工夫が必要だ。(産経新聞)

 


家庭内で起こる事故で1番多いのがこの
ヒートショックです。
暖かいリビング→寒い脱衣室→熱い湯船、あるいはトイレなどへ行く過程で血管が収縮し、命にかかわる重大な事故につながっています。

この記事を読み、春日工務店が建てている『ファースの家』なら
このヒートショックは防げる!と思いました。
多少の温度差はあるとしても家中どこでも快適温度になっているので
こうした温度変化による事故は防げます。

しかし…。
我が家もそうですが、普通の家に住まわれている方の方が多いはず。
その場合の対策として紹介されているのが、脱衣室やトイレの窓にカーテンを取り付けること。

窓があると、通常のガラス窓は閉めても冷気が伝わり、暖房器を置いたとしてもその効果は低くなるらしい。確かに窓付近は寒いです。
そこで冷気を遮断するため下端を壁にくっつけるなどの処置をすれば、断熱効果は1・5倍にアップするということです。

だいたいトイレや脱衣室は北側にあるので(我が家もです)この冬はうちも
カーテンをつけようかと思っています(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA