発光性のライトで自己増加

 

昨日テレビでやってたニュース。
お祭りやコンサートとかで人気の発光性ライトで子どもの事故が増えてるらしいです。

最初はストローみたいな状態で色も白っぽい感じのモノ。
これを折り曲げるとパキパキと音がして蛍光色みたいな発光性のライトに変わります。
つい先日、近所のお祭りでもらったのが我が家にもありました。


ストローみたいなので乳幼児がつい口に入れてしまってカジカジするようです。
すると容器が破損して中の液体が漏れ出す…これで入院した子もいるらしい。

あと、曲げて遊んでいるうちに容器が割れて飛び散った液体が目に入って
充血するとか。

この液体、有毒性はあるのか…というと、致死量は体重1kgに対し液体17g。
平均体重17kgの4歳児に換算すると289gの液体を飲むと死に至るみたい。
容器1本あたり3gの液体が入っているらしいので4歳児だと約96本分。
(テレビを見ながら思わずメモってしまいました)

こんなに飲むことはないけど、危険性があることは認識しておきたいです。
我が家の末っ子も例に漏れず『カジカジ』してました (*_*)
どこに危険が潜んでいるか分かりませんね~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA