奥行きの浅い棚

奥様が欲しい部屋の1つにパントリー(食品庫)があります。
キッチンの近くにあるととっても便利です。

ファースの家では冬は家の中がまるごと暖かくなってしまうので
箱買いしたミカンやお寿司、お節料理など
「冷蔵庫には入れたくないけど、涼しいところに置いておきたい」という時に困ります。

そこで、一部屋だけファース仕様にしない部屋をオススメしています。
それが冬場のパントリーになります。
広めの勝手口に棚をつけてパントリー代わりにするパターンも多いです。

パントリー

写真はN様邸。
キッチンの向こうにあるドアを開ければパントリーです。
広さは1帖強のスペースですが、かなりの収納力を持たせました。

ビンを置いている棚は奥行き15cmくらいですが
開封前のドレッシングや缶詰、オイル類を並べるには最適なんです。

あまり奥行きが深すぎると、調味料系の賞味期限が切れるまで気付かない事もありますが
これだと一列か二列しか並ばないので、買い置きしているのに忘れてまた買ったりする事も
なくなるかと思います。

ちなみに、長方形の白いBOXは郵便受けです。
BOXの向こう側は玄関ポーチなので、そこから新聞や手紙を入れると
このパントリーから取り出せます。

外に出なくていいので、スッピンでもパジャマでも大丈夫ですよ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA