寝顔を見ていると思い出す遠い記憶

うちの長女(小3)は絶対に1人で寝ません。
リビングで寝てしまうことはあっても
1人で寝室へ行って「おやすみ」をする事はありえません。

でも次女(小1)は「あれ?姿が見えないな…」と思って探すと
私のベッドに入って、しっかり布団をかぶって気持ち良さそうに寝ている事があります。

月に数回あるその光景。
次女の寝顔を見るたびに、とある絵本を思い出します。

3びきのくま

クマと女の子が出てきた絵本。
他人のベッドで寝てしまう…というお話。

でも、その絵本が何だったのか全然思い出せず。。。

次女の寝顔を見るたびに連想するので
ネット検索して見つけました!

『3びきのくま』

森の中で平和に暮らす三びきのクマの親子の家へ、
女の子が迷い込みます。
子グマのおかゆを食べ、子グマの椅子を壊し、
子グマのベッドでお昼寝する女の子。
散歩から帰ってきた三びきに見つかると…?

というストーリー。

図書館で借りちゃいました!
この絵本、子ども達に読んでやった記憶がないのですが
断片的に覚えているのは、私が子どもの頃の記憶なのでしょうか???

寝顔を見ていると思い出す遠い記憶” に対して1件のコメントがあります。

  1. 三田のおじさん より:

    これって結構有名なお話なので、どこかで聞かれた
    んでしょうね。
    ウチは、長女、長男、次男がそれぞれが4~5歳の
    時に読んだので、3回読んだことになります。
    トルストイの童話は「大きなかぶ」や「七つの星」
    も読みました。

  2. 春日工務店 より:

    「大きなかぶ」は有名ですよね。
    国語の教科書にも載ってますし。
    「七つの星」は記憶にあるような、ないような?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA