トマトがいっぱい!


業者さんからトマトをたくさんいただきました。
ビニールハウスで作られたトマトで、苗の植え替えのために
全部収穫されたそうです。
見た目は少し浅い赤色なので酸っぱいかも知れませんね。
煮込み料理とかなら相性がいいかもです♪

ヨーロッパにトマトがもたらされた時、フランス人は「愛のりんご」とも呼び、
イタリア人は「金のりんご」と名づけられたそうです。
イギリスではトマトという語がなかなか馴染まず「ラブ アップル」と呼び続け、
ドイツにいたっては、「天国のりんご」と呼ばれているとか。
イタリアでは「金のりんご」が本名となっているらしい…。

リンゴの名が付くのは、当時リンゴは野菜の不足する冬の間、
野菜に代わって栄養分が取られる重要なものだということです。

トマトと言えば…。
つわりの時にトマトを食べて、その青臭い感じが嫌で
全部吐いてしまいました。
だから私は今でも熟していないトマトは苦手です(´_`。)グスン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA