抜けない柱の活かし方

ただいま改修工事中のI 様邸。
LDK・トイレ・お風呂が新しくなって、それに家事ラク室が加わります。

改修工事で問題になるのが、構造上どうしても抜けない柱や壁。
あとは天井高。
抜けない柱があっても、それがジャマにならない間取りにするのに悩みます。
今回の抜けない柱はここ。
家事ラク室の中です。
抜けない柱 改修工事
白い引き戸の向こうは浴室になります。
なので、この柱から向こうの浴室寄りの部分には可動棚をつけて、
タオルや下着、パジャマを置く棚にします。
お風呂から上がって1歩も動かずにそれらの物に手が届きます。
柱から手前にはハンガーパイプを取り付けて
普段着を掛けてもらうようになります。
キッチンにも抜けない柱が2本ニョキッ!!
抜けない柱 キッチン
ここは柱と柱の間に冷蔵庫を置きます。
冷蔵庫の右側はカップボードを設置。
冷蔵庫の左側はL字に可動棚をつけてパントリーになります。
パントリー 食品庫
こんなイメージ。
半畳分のスペースですが、棚がL字なので収納力もあり出し入れしやすい♪

実は抜けなかった柱なのに、いかに違和感なく間取りに取り入れるか..
.という事にかなり意識してプランしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA