収納率って?

プラン中のK様邸。
現在のお住まいではとにかく収納に困っているそうで
「収納を多めにお願いします!」とのご要望。

床面積に対する収納面積の割合を示す【収納率】という用語があるようで、
収納率の数値が大きくなればなるほど、収納が多いということになります。
一般的にクロゼットや押入れなど、高さが180センチメートル以上ある収納を
対象として計算するらしく、デッドスペースを利用した小さな収納などは含まれません。 
 一戸建てでは12~15%(マンションでは8%程度)が望ましいとされているようです。
カップボードの扱いは分からないので今回は除外。
3帖の納戸は3帖全てが収納として計算されるようですが
「通路には物が置けへんやん!」という変なとこにこだわる私は
純粋に物が置ける部分だけを計算してみました。
収納率 間取り
ベージュが1階の床で、黄色が収納スペースです。
ほとんど1階だけで生活されるので、2階の収納は無視。
結果、1階の収納率は10.5%でした~。
収納が家のあちこちに点在している事もよく分かりますね。
散らかりやすい所、しまいたい所に収納を作った結果です!
ちなみに、某住宅メーカーのチラシに間取りが載っていたので
勝手にその家の収納率を計算すると1階は4.9%。
片付け上手や物を増やさない人の性格にもよるので何とも言えませんが、
K様邸の収納、結構イイ感じだと思います♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA