命がけの愛

  「愛したこと忘れないで」、男児守り死亡の母、携帯に遺書

   「お母さんのことを忘れないで」。
  身をていして赤ちゃんを守り、冷たくなった母親の手にあった携帯電話には、
  最後の力を振り絞った1行の遺書が残されていた。
  20日の国営新華社通信が報じた。 

  この母親は最大被災地の一つ、四川省綿陽市北川(ほくせん)県で、地震発生翌日の13日、
  四つんばいになった格好で遺体で発見された。

  遺体は倒壊した建物に圧迫されており、救援隊は立ち去りかけたが、何となく気になり、
  ふと遺体の下のすき間に手を差し入れたところ、温かいものに手がふれた。 
  「赤ちゃんが生きている!」。救援隊員が叫び、救出作業が再開。
  生後3~4カ月とみられる無傷の男の赤ちゃんが毛布にくるまれて発見された。 
  救援隊員が母親の体を調べると手に握られた携帯電話の画面に、
  1行のショートメールが残っていた。

  「赤ちゃん、もし生き伸びてくれているのなら、
   私があなたを愛していたことを絶対忘れないで…」。

  子を思う母親の愛の深さに、救援隊員も思わず涙を落としたという。

------------------------------------

これは中国四川省で起きた大地震のニュースです。
まさに【命がけの愛】です。

同じ母親として、胸が締め付けられる思いです。
このお母さんは、たまたまショートメールという形で遺言が残せたけれど、
何十人、何百人のお母さん達が同じ思いで我が子を守り、息絶えたのか…と
思うと涙が溢れてきます。

手はかかるけど、元気な子ども達がいる。
食べる物もあるし、住む家もある。
これが『当たり前』じゃないって事を改めて考えさせられました。

皆様のご冥福をお祈りいたします。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA