現場ってオモシロイ

完成間近のN様邸へ行ってきました。
そこで初めて蓄熱暖房機の中を見ました!
蓄熱暖房機の中には耐熱レンガが入っていて、
それを深夜電力で暖めて放熱する…という事は知っているのですが
中を見たのは初めてでした。

では蓄熱暖房機が据え付けられる様子をお伝えします。

金具取り付け中

まず、蓄熱暖房機を置く予定の所に
固定用の金具を取り付けます。
結構ツラそうな姿勢で能勢が作業をしています。 

 

 

 

 

中はからっぽ

つぎに蓄熱暖房機を設置して固定。
そして前面パネルを取り外して、
中にレンガを入れます。
クネクネ曲がっているのが
熱くなってレンガを暖めるようになっています。

 

 

溝があります

このレンガ、かなーり重い!
1箱に2個ずつ入っているのですが、
能勢に「それ、持ってみぃ」と言われて
持ち上げたものの、それを持って歩く事は
かなり厳しかったです。
なんせ、私は体力がないもので(汗)

このレンガを蓄熱暖房機に入れて、
また前面パネルを元に戻したら完成です。 

レンガがギッシリ

N様邸には1階に2台、2階に1台の
蓄熱暖房機が設置されています。
このお正月はポカポカで過ごしていただけると思います。

N様邸の見学会が今週末にありますので、
ぜひお越しくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA