今回の家具職人

今回、N様邸のダイニングテーブルを作らせていただくのは大工の藤本です。
テーブルの天板になるタモの無垢板が水平になるように削っています。
シュ~ッ

まだ脚が全くできていない状態なのでイメージが分かりませんが、
能勢のプランによるとシンプルな仕上がりになる予定です。

これまでに何回か大工さん手作りのダイニングテーブルを
見学会でご覧いただきましたが、毎回お客様に好評です。

本当に世界で1つだけのテーブルです。
しかもそのお客様のために真心を込めて
作らせていただいています。

ダイニングテーブルは毎日使う物なので、傷や汚れがつくのは
当然ですが、その1つ1つに家族の年輪が刻み込まれていけば
いいなぁ…と思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA