秋晴れの地鎮祭

天気予報通りの青空の下、地鎮祭の2時間前から
能勢と柿原が地鎮祭の準備をしてくれていました。 

青空 杭を打ってます

竹をくくりつけます

砂山

まず敷地の真ん中あたりにテントを張ります。
テントを囲むように、四隅に杭を打って青竹を立てます。
その間を縄で囲って、縄で囲われた中で祭事が執り行われます。
能勢が作っているのは砂山。
板を使って形を整えていました。
この砂山も大切な儀式に使われます。

 

 

 

お供え

我が家が用意したお供え物は
鯛、するめ、昆布、りんご、梨、バナナ、
にんじん、サツマイモ、ナス、ほうれんそう、
洗い米、塩、清酒でした。 

 

 

出席者は私たち家族5人、私の両親、
そして社長、能勢、柿原。

 

 

刈り取るマネ神主さんが祝詞をあげた後で、
鎌で草を刈り取る仕草をします。

これは設計者がするそうなので、
この家を設計した私が…。

 

 

 

鋤入れ次に能勢が丁寧に作ってくれた砂山に
鋤(すき)を入れます。

これは施主である主人が…。

 

 

 

鍬入れ

そして施工者である社長が鍬(くわ)を入れました。

その後、順番に玉串を奉納。

 

 

 

最後に家族で酒、お水、お米、塩を青竹のところにまきました。 

家族で

ここにも

 

子ども達には「無事に家が建つように神様にお願いするための式なんやで」と
事前に話しておいたのですが、一緒に参加させてやって良かったなぁ…と思いました。
きっと何をしているのかよく分からなかったと思いますが、
何かを感じてくれたら嬉しいです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA