いまどきの金魚すくい

10日ほど前に行ったお祭りで息子が生まれて初めて金魚すくいに挑戦。
【あそび200円】
【金魚すくい300円】と書かれていたのでよく意味が分からず
しばらく他の子の様子を観察していました。

そこで分かったこと。
【あそび】で200円払ってやっている子は何匹すくってもお持ち帰りはできない。
【金魚すくい】300円でやってる子はお持ち帰りできるけど
持ち帰り用のビニール袋に100円払わないといけない。
しかも【遊び】の子が「やっぱり持って帰りたい」と思って
後で200円プラスしたとしても、怖いおじさんが「んなもんアカン!!」と言って
すくった金魚を全部逃がしてしまう。

金魚ちゃん

なんだかな~。
お祭りって子どもに夢を売る商売だと思うんだけど
目の前ですくった金魚を逃がされて茫然としている子を見ると
とっても可哀想な気分になりました。

…で、息子は最初から「持って帰る!」と言っていたので
300円払って金魚すくいにチャレンジ。
でも一瞬で紙が破れてしまいました(笑)

それでも怖いおじさんが4匹サービスしてくれたので
ビニール袋代の100円を払って持ち帰りました。

その帰り。
息子は車内で金魚が入った水も全部ひっくり返してしまい
フロアマットでピチピチはねている金魚達。
水なしの状態が15分くらいあったので、金魚にはかなりの衝撃だったらしく
2日後には3匹がお亡くなりになりました。

残った1匹のために春日工務店の奥さんから水草をもらって
今は寂しく泳いでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA