ポーチ柱とエアーネット

玄関ポーチ

ファースの家を建築中のH様邸。
柿原と藤本が加工していたポーチの柱
玄関に設置されていました。

工事中、傷がつくのを防ぐために養生シートで
覆われていて全貌をみることはできませんが、
これだけで見るからに【和風】という感じの家の顔。

来週にはファース専用の断熱材【エアライト】が
吹き付けられます。
薄い緑色で硬い発泡スチロールみたいな感じです。

福地エアライトシステムの頭文字をとってFAS。
だから「ファースの家」という名前なんです。
ちなみに「福地」はファース工法を開発された
ファース本部の社長さんの名前です。

工法の名前になるくらいこのエアライトは重要なもの。
とても硬くて指で押しても凹まないし、湿気も通しません。

エアーネット

左の写真で白く見えているのは、このエアライトを
吹き付けるためのネットで【エアーネット】です。

屋根部分の断熱は必ず屋根材と断熱材の間に
自然通気層を設けなければなりません。
だから屋根材から少し離したところにネットを張って、
そのネットにエアライトを吹き付ければ通気層がとれると
いう事なんです。

このエアーネットもファース専用の部材です。

来週、宇宙服みたいな防護服に身を包んだ専門の方が
エアライトの吹き付けに来られます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA