ハムスターの寿命

2年前の7月に生まれたハムスターのはむのすけ。
ファースの家で快適に過ごしていたのですが
最近、急激にお腹が膨らんできて、明らかに異常だと思ったので
ネットで病状を調べました。

私の見解では腹水。
腹水がたまりすぎると、お腹の皮が破れて死んでしまうケースもあるらしく
それだけは可哀想すぎるので、動物病院に連れて行きました。

結果、やっぱり老衰のために肝臓の機能が低下して
腹水がたまっているとの事。

寿命には逆らえないのですが、ひとまず利尿剤と血圧を下げる薬を10日分もらってきました。

150gのはむのすけ。
粉薬は鼻息で飛んでしまいそうなくらいの量。
これを1cc弱の100%りんごジュースで溶かして飲ませます。
病院でもらった小さな注射器型スポイトを使って飲ませるのですが
とっても美味しそうに飲んでくれます。

その姿が可愛くて切なくなります(T_T)

はむのすけ

体調が悪くて目もうつろ。

室温が低いと腹水が冷たくなって体温が低下するらしいです。
でも、ファースの家なので、その心配はありませんが…。

はむのすけに残された時間を少しでも快適に過ごして欲しいと思います☆

ハムスターの寿命” に対して1件のコメントがあります。

  1. 故・ムーちゃんのパパ より:

    毛並みを見ただけでも体調悪そうですね~。
    お大事になさって下さい。

  2. 春日工務店 より:

    そうなんです。
    毛並みも悪く、この日以来、薬も嫌がるようになりました。
    お腹の膨らみも全然変わっていないように思うし
    いよいよ覚悟をしとかないといけない時期に来たかも知れません(泣)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA