スカットールを押入に!

友達がアパートを借りました。
2階建ての1階です。

早速、見に行ってきたのですが、押入の床板にシミのようなものが何ヶ所かついていました。

『もしかして湿気???』と思ったのですが
友達も気になったらしく、不動産屋さんに聞いてみるのと
すのこで通気性を良くすると言っていました。

2階の物音が階下に響くので、遠慮しながら生活するのは嫌だということで
1階の部屋を選んだそうです。

友達には「スカットールを置いたら湿気もマシになると思うよ♪」と話しておきました。

スカットール

スカットールとは、ファースの家の床下にまく
調湿材です。

お菓子などの乾燥剤としておなじみの
シリカゲルの仲間ですが、
FAS工法専用に開発された調湿剤です。
お菓子などに使われている食品用シリカゲルは
低温度から湿気を吸着しますが、
スカットールは高温度で湿気を吸放出
出来るように開発されたファース工法専用の
住宅用シリカゲルなのです。

このスカットールを床下にに均一に散布。
スカットールには無数の穴があいており、およそ相対湿度が40%以下になると放湿、
60%以上になる吸湿をして住宅内の調湿を行うすぐれものです。
スカットールから出ている無数の水酸基が、ホルムアルデヒド、有機リン、アンモニア、
タバコの煙などの有害な酸性物質を吸着、除去します。

これを通気性の良い素材でできた袋に詰めて
押入や下駄箱などに置いておくと、湿気やニオイを吸い取ってくれます。

実際、そうした使用をされているお客様からは
「毎年、ブーツにカビが生えるのに、これを置いてからは大丈夫になった!」とか
「市販の湿気取りでは追いつかないくらいの湿気だったのに
コレの威力のすごさを実感した!」
という声をいただいています。

下駄箱、押入、窓がない脱衣室・・・湿気が多そうなところに置いてみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA