私がなぜ建築士になったのか

玄関の靴

本日『おうち見学ツアー』無事に終了いたしました。
上の写真はN様邸、下は我が家の玄関です。
満員御礼で、家の中ギューギューでした。

詳しい事はまた後日…として、
ご参加いただいたお客様に「ファースの家もイイのですが、足立さんの設計された家が
見たくて来させてもらいました」と言っていただきました。
ありがとうございます!!

春日工務店に入社して以来、いろんな方のおうちを設計させていただいて
本当に感謝しています。

そもそも、なぜ私が建築士になろうと思ったのか。。。
実は不純な動機なんですよ。

高校卒業を控えて就職先を考えた時に、何もしたい事がなかったんです。
したくない事はありました。

事務、店員、工場…。
それらを除いて求人票を見ていたら某工務店が『設計』を募集していました。
もともと絵を描いたりするのが好きだったのと
家から近かったので面接を受けたら、その場で会社で着る制服のサイズを聞かれて
入社決定となりました(笑)

普通の高校卒業なので、建築に関する知識は全くなかったのですが
間取りを考える事のおもしろさにハマッて
上司からの指導と独学で資格を取りました。

その工務店は鉄骨造や鉄筋コンクリート造などの大型施設も建築していて
施工図を書いたり現場へ出た事もありましたが
「私が本当にやりたいのは木造住宅!」と強く実感!

その某工務店には長男の出産直前まで9年程お世話になり退社。
それから3人の子ども達を産み終えて
木造専門の春日工務店に入社させていただきました。

その入社方法も少し?変わっているんですが(笑)

そんなわけで、消去法で選んだ仕事ですが
今では天職かな…と思っています♪

何かの本で「やりたい事を見つけるよりも
やりたくない事を除いていく方が結果的に自分のやりたい事が見えてくる」

書いてありました。

まさにその通り!
これからも皆さんの家づくりのお手伝いができるように頑張ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA