間取りの作り方

要望書 間取り 家づくり

お客様に「間取りってどこから作り始めるんですか?」と聞かれます。
私の場合『全体』です。

まずはお客様に書いていただいた要望書の内容をほぼ全部頭の中に入れます。
頭の中で自問自答できるくらい。
で、要望書の内容を思い出しながら、方眼紙をジーッと見つめます。
すると「この辺りがキッチンで、家事ラク室はこうなって…」と
方眼紙の上に間取りが浮き出てくるような感覚になります。
その浮き出た間取りを実際に方眼紙に書き込んで、
動線が悪かったり、ご要望に沿えていないところの修正をかけながらラフプランを作ります。
この方眼紙をジーッと見つめている時は
たぶん下を向いて寝ているようにしか見えないはず(笑)
今はM様邸の要望書を頭に入れているところです。
いっぱい書いていただいたので、かなり具体的にイメージしないと!
どんな間取りが浮かび上がってくるかな♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です